忍者ブログ
お茶について、旅について
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6]  [7]  [8]  [9]  [10]  [11
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

お茶を飲むとき、どんなお茶請けが合うか考えるのもお茶の楽しみの一つですが、
この紅茶に何が合うのか思いつきません。


2fc6ce58.jpeg




















お茶の味自体がとてもしっかりしていて甘いのです。
渋みが少なくストレートで飲むのが美味しい。
茶畑でのお茶の木の力を感じます。
なので、この味を楽しむにはお茶請けは邪魔かなtと感じたのです。
もちろん香りも楽しめます。
少し祁門に似た香りがしますが祁門独特の燻香はありません。
和紅茶の一つの形が完成されていると思います。


PR
d4e8a2a1.jpeg




























手前が福建産09年の白牡丹
奥が09年の国産(和歌山産)白露

白牡丹は白い産毛で覆われた葉が多く穏やかな風味。
白露は白牡丹よりやや萎調香が強く余韻が感じられる。




世界遺産で有名な和歌山県の熊野地方にも茶産地があります。
先日その那智勝浦町の色川地区で茶生産者とIターン就農者、行政担当者の方に
日本茶のインストラクションを行いました。

0dde1fdc.jpeg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

会場の脇には清流があり。きれいにつまれた石垣の間にはお茶の木が

71f4b118.jpeg

 

 

 

 












お昼は地元で取れた野菜やお米をいただきました、とても美味しかった。
皆さんお料理上手です。
取れたての野菜はとても味が濃くて香りも抜群。
サツマイモの茎のキンピラ初めて食べましたほのかにお芋の香りがしました。

総勢40名位の性別年齢バックグラウンド異なる方々へのインストラクションは
大変でしたが良い経験になりました。

参加された皆さんにとって何か一つでも得るものがあったらなと思っています。



 

カレンダー
12 2020/01 02
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

Copyright (c)Tea Camellia お茶あれこれ  All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog  Photo by Kun   Icon by ACROSS  Template by tsukika


忍者ブログ [PR]