忍者ブログ
お茶について、旅について
[6]  [7]  [8]  [9]  [10]  [11]  [12]  [13]  [14]  [15
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

今回北京にいった目的のひとつが
中国の粉もの料理を学ぶことでした。











包子(パオズ)、桃饅、胡桃クッキー、エッグタルト・・・

エッグタルト(蛋挞)は昔ポルトガル領だったマカオに伝わり
いまでは中国全土にて親しみのある菓子になりました。


包子は日本の肉まんのようなもので,
大きさはその半分くらい。
イーストを使い発酵させる。
成形時,先生はいとも簡単に美しいひだをつくる。
見た目以上に難しい。

実際に教わらないとわからないことが理解できた。

PR





北京に残る西洋建築物のひとつ

元々はイタリア・ポルトガル人の宣教師が居住していた場所
1655年この場所に教会が建築される
1702年地震により倒壊
1884年大堂を建築しかし1900年に火災に遭う
1905年には3回目の修復、これが今日見られる教会の姿である
1980年には修復を経て一般に公開されるようになった
              パンフレットから抜粋
カレンダー
01 2020/02 03
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

Copyright (c)Tea Camellia お茶あれこれ  All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog  Photo by Kun   Icon by ACROSS  Template by tsukika


忍者ブログ [PR]